TPiCS-とはどのような生産管理システムか

TPiCS-Xは、国内で最も累計出荷本数 累計出荷本数1,668社 11,018本 11/08/26現在(OEM出荷分及び小物オプションを除く)

国内の同価格帯のパッケージとしては、機能、製造業適応性とも最強。

最近の事例では海外工場の立ち上げ、欧米のERPの生産管理モジュールを捨てて、TPiCSでのERP構築をした例、生産現場・協力事業所とのSCM構築・ERP支援としてのTPiCS導入の成功例が増えてきました。

TPiCS-Xは株式会社ティーピクス研究所(1984年設立)の二ノ宮良夫(代表取締役)が開発した、パソコン用生産管理システムパッケージです。

生産管理パッケージとしての機能の豊富さ、安定性、安価さから、多くの製造業(生産管理パッケージとしては国内で最多の実績と推定)に導入されています。
大学、中小企業大学校、高度ポリテクセンターにおいて、生産管理教育ツールとして活用。